四季を染める 黒豆染め

先月1月はあまりの寒さに草木染めはお休み。
今月は少し寒さも緩んできたので染物再開です。

先日、黒豆で味噌を仕込んだ時にできた煮汁を使って染めてみます。

四季を染める 黒豆染め

まずは味噌作り
たっぷりの水を使って10kgの黒豆を2時間以上かけて煮出して冷ましてから麹と混ぜて仕込みをします。

四季を染める 黒豆染め

お味噌として熟成されるのは1年以上先です。
昨年仕込んだものはもう少し寝かせておくことにしました。

黒豆の味噌作り

草木染めの方は煮汁を使って綿ストールを染めてみることにしました。
濃染処理をしたものとソーピング処理をしただけのものと2種類準備。

前回は絹で渋めの紫が染まったので、綿だとどれくらいの色になるか試してみないとです。

四季を染める 黒豆染め

煮汁を温めて下処理をした布を浸して煮染めすること約30分。

四季を染める 黒豆染め

濃染処理をした方は思ってた以上に真っ黒になってきました。
紫が発色するのか不安です。

濃染処理

錫で媒染することで明るく発色するはずだったのですが、やっぱり黒いまま・・・
黒豆の色そのままです。

ソーピングだけのものはかなり薄めに色が入りました。
重ね染めをすることで若干うす紫に発色しました。

濃染処理

乾くとどちらも優しい色目になりました。
和の装いに合いそうな感じです。

四季を染める 黒豆染め

四季を染める 黒豆染め

丹山波(にゃんば)
丹波国篠山藩
chasukehana atmark nyanba.com

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL