濃染処理

四季を染める 黒豆染め

先月1月はあまりの寒さに草木染めはお休み。 今月は少し寒さも緩んできたので染物再開です。 先日、黒豆で味噌を仕込んだ時にできた煮汁を使って染めてみます。 まずは […]

詳細を見る

紅花染め

四季を染める 紅花染め

12月は紅花を染めます。 花の時期は7月ですが、摘んだ花を乾燥させて保存しておきます。 霜が降りだす晩秋から冬にかけての冷たい水で晒すと発色が良いそうなのでこの […]

詳細を見る

四季を染める 楓染め

四季を染める 楓染め

真っ赤に染まった楓の色を映せたら、どれだけ綺麗だろうと思い今月は紅葉した楓の葉を使って染めることにしました。 楓の赤は冷凍するとより発色するらしく、先日紅葉狩り […]

詳細を見る

のれん作り

のれん作り

10月11月と全二回の工程で栗を使って型染めをしてのれんを作ろう!というプログラムに参加しました。 第一回目 のれんとなる布(晒し木綿)に型染め用の濃染のノリを […]

詳細を見る

臭木染め

四季を染める 臭木染め

10月は臭木の実を使って染めました。 名前の通り、葉や枝を折るとなんとも表現しづらい嫌な臭いがしますが、実自体はそんな臭いもなく山でたくさん集めてきました。 萼 […]

詳細を見る

栗染め

四季を染める 栗染め

9月は栗です。 栗はイガでも葉でも枝でもどの部分もよく染まるということですので、全体を使ってみることにしました。 軽く洗って汚れを落とし、たっぷりの水で煮出して […]

詳細を見る

四季を染める 藍染め

8月は藍の生葉染めです。畑の藍をようやく刈り込んできました。 発育不足で葉は薄いし、色もいまいち・・・ なんとかストール一枚を染められる程度の量しか収穫できませ […]

詳細を見る

藍の生葉で染める 2

今月の篠山の森でのプログラムは、この時期限定の藍の生葉染めです。 藍の葉が一番勢いのある時期でしか染めることの出来ません。時期を過ぎると薹が立ってしまい花穂が出 […]

詳細を見る

小鮒草染め

8月は藍の生葉を使って藍染めをする予定なので、重ね染めの準備として小鮒草(コブナグサ)を使って黄色を染めてみました。 小鮒草はイネ科の植物で古くから染料として使 […]

詳細を見る

四季を染める 葛染め

7月はちょうど花期の紅花を染めようと思っていましたが、調べてみると紅の赤は「寒の紅」と言われる通り霜が降りだす初冬〜冬にかけてが一番発色がいいそうなので急遽「葛 […]

詳細を見る